FC2ブログ

手のひらサイズのヒーロー。

Category : 熱心に語る風景
ミクロマンを買いました!

正確には、「ミクロマン マテリアルフォース」を買いました!

ミクロマンとは、昔からあるシリーズで、手のひらサイズの関節可動人形、もといフィギアです。

全然フィギアに詳しくないので、ミクロマンから検索かけてここにたどりついた方には大変申し訳ないのですが、まったく解説できないです……。

なんと!『MICROMAN MANIACS』さんで、ミクロマンについて学ぶことができる。

ばっちり歴史も乗っているので、wikipedia以外で情報を知りたいんならば、ぜひ!

そして、そんな人気シリーズのミクロマンで、今回私が買ったのは、「マテリアルフォース」シリーズだ。
あいかわらず私にはまったく解説できない。
「マテリアルフォースに魅せられて」さんのところで、「マテフォ」についてよりよく知ることができます!
よければ、ぜひぜひ!
そしてミクロマンの魅力に魅せられて下さいー。

ろくに解説ができない私が、解説すると、ミクロマンという長年愛されてきたシリーズがある。
手のひらサイズで動く人形は、いろいろな設定を元に、いろいろな装備をし、キャラクターとして長年シリーズが生み出されていきました。
鎧や剣や盾など持って、まさにヒーローです!
昨今は、ミクロマンの可動部分をいかして、ルパン三世やキン肉マンのミクロマンシリーズもあるそうです。
いいですなあ。

そんなミクロマンの、マテリアル=素材シリーズが、この「マテリアルフォース」です。
カラーバリエーションがあり、装備も顔も何もない、まんまただの人形。
素材として使うため、シンプルなミクロマン。
自分で改造、装飾するため使う、素材ミクロマンです。
これを元に、自分のミクロマンを作るわけですねー!

それが、トイザらス限定で500円!ってんだから、すごいです。

そんなこんなで、まったくミクロマンのミの字も知らない自分が、「KITAJIMAのお絵かき研究所」さんで、人間の筋肉の描き方講座を眺めていたら、デッサンには最適!と書かれていらっしゃったので!おぉ!と納得してしまったのでした!

東急ハンズなどに売っている、木製のお人形とかで、人間の体の形を眺めながら描きたいなーなんて思うわけなんですが、あれは高いなーというイメージがどうしてもあって、買ったことないのです。

けれど、このミクロマン、小型で、しかもお得な値段!
男の人の素材と女のひとの素材、しかもバストのサイズも4段階!
しかも少女素材もあります。
カラーバリエーションも豊富。
30か所も動かすことができるんて、いろんなポーズが可能じゃないですかー!

絵を描くために欲しかったのですが、いろんなポーズをさせて写真が撮りたい!そんな欲求も出てまいりました。
小型だから邪魔じゃないし、飾っとくのもいいなーとかね!

ってことで、トイザらス限定なので、トイザらスーー!!っと思ったんですが、どうにもこうにも、今はあんまりトイザらスには売ってないようです。
しかも我が家から遠い!

素材としては、やはり男性ものを使うのがいいのか、バストサイズが豊富だから量も多いということもあるのか、トイザらスには女性ものしか置いてない?みたいです。
いや、むしろ女性もない?
とにかく、あんまり在庫はないみたいです。

詳しいサイト様によると、女性ものの在庫が残っているから、女性ものが売り終わるまで男性ものは再販しないとかなんとか、らしいです。

いやはや、女性のミクロマンも欲しいですが、やはり最初は男性のミクロンマンが欲しい気がします。
近くにトイザらスもないし、車で行くのも何時間かかるか……という話なので、がんばって行っても、男性ものはもちろん売ってないし、女性ものも今、現在、あるかどうかわからない!という状況なので……。

ネットの力を駆使して、ミクロマンの男性を買いました!

microman01.jpg

いえーい、ミクロマンです!
microman02.jpg

どうやら、このミクロマン、ちょっと不安定ミクロマンだったかなー?なんて思うようなかんじで、ところどころ関節部分が弱いのか、ふらふらしますが、立たないわけじゃありません。
定価500円の商品ですから、はずれミクロマンもある!と上記のサイト様で書かれていたので、まあまあ想定内さ!!と強気を出して、おそるおそる、腕やら頭やら動かしてみる!

ぽろぽろと取れたり、転がったりしましたが、うんうんー!
おもしろ!!!

いろいろなポーズがとれるので、かなりおもしろいです。

しいていうなら、両手で膝を抱えるポーズがとれないのが残念。
足がうまく上に向かって曲げられないので、手が届かない!
股関節が、どーしても上に上がらない。
私のやり方が悪いのかなー。
けれど、あぐらはかけるし、ブリッジはできるし、おもしろ!!

とにかく、まだまだおそるおそるなんで、そんなに扱っておりませんが(笑)。

でも、気を抜くとぽろぽろ取れるので、手がなくなって犬に食われたらおしまい…です。
あんまり売ってないんだから、なくすのだけはマジ勘弁。
慎重に遊んでいきたいと思います。

もっと増やしたいー。
ちょっとはずれ気味だったので、びしっと立つミクロマンにもお目見えしたいしー!
女の人もほしいですね!
もう一つ二つほしいです。
やはり一人より二人、二人より三人です。
並べて写真を撮りたい!

ああ、こうして、だんだんハマっていくのかな!??

そんな欲求がふつふつとわいてくるでした!
フィギアの道もおもしろいなあー。
microman03.jpg
あちょー!

もう一つゲットしてお絵かき好きの方に差し上げたいです。
また機会見つけてGETするとしよう!

おまじないよりステキな言葉。

Category : 熱心に語る風景
ってことで、久々にTVアニメ『チンプイ』を観ました!

『チンプイ』っていうのは、藤子・F・不二雄先生作の漫画です。
小さい頃木曜日は『チンプイ』金曜日は『ドラえもん』とTVを観てました。
できるだけVHSに録画もしておりました。
「なめみこのドラえもん チンプイ」テープは、今でも棚に保存されております。
まぁVHSはカビが生える宿命?なので、再生することは万に一つはないかと思われますが。
(クリーニングテープとビデオデッキをぶっこわすイキオイでなら立ち向かえるかな)

私の初めて観た映画が『ドラえもん のび太とアニマル惑星』と、同時上映の『チンプイ エリさま活動大写真』でございました。

映画の絵本も本屋で買った気がしますし、チンプイのぬりえも持ってました!
こんなに好きだったのに原作のコミックスはちょっとしか読んでないのですが…(全巻は持ってない)

そんな『チンプイ』、時が経っていきVHSも観れなくなり、触れる機会もなくなってしまったのですが、昨年末、なんとDVDBOXが発売されたのです!
チンプイだぁー!
本当に久々にチンプイに会えるー!ってことで懐かしくてたまりません。

久々にTVで観る『チンプイ』。
一話15分アニメなんですが、いやぁーおもしろい!
チンプイ、エリちゃん、ワンダユウさん、内木くん、どれも懐かしくて!
忘れていたエリちゃんのトモダチの名前とか、あぁーーそうだ!とか観ながらいろいろ実感してました!

OPとかEDとかも印象深くて、この記事のタイトルにも使ってます。
「おまじないよりステキな言葉」は「チンプイ」です♪
(「チンプイ」が「チチンプイプイ」からきているので、こういう歌詞になっているのですが)

BGMとかもイイ音です。
この音懐かしいー!なんて思います。
DVDBOXにはサントラもついているので、あとでぜひ聞こう!

『チンプイ』とは、活発少女エリちゃんが、急にマール星の殿下のお妃に選ばれてしまうことにより始まるストーリー。
結婚、断固拒否しまくりのエリちゃんを説得するために同居するチンプイと毎回あの手この手で承諾させようとするワンダユウさんやマール星のみなさんとのドタバタストーリー!

エリちゃんには、ちゃんと恋する相手内木くんがいるのですが、マール星のルルロフ殿下が一方的にエリちゃんを好いているわけで…ドタバタストーリーの中に恋のトライアングルが発生中ですねぇー。

原作は未完なので、このエリちゃんの恋がどうなるのか、凄く気になります。
藤子先生の中ではラストが用意されていたのかなー?気になります。
ルルロフ殿下は顔がわからない正体不明の人物なので、想像がいろいろと膨らんでしまいます。
ネットとかではいろいろ考察している方がいて、興味深いです。


今、『わらべ歌の秘宝』という話を観ています。
私は、ちょっぴりナゾのミステリアスな話が昔から好きで、『ドラえもん』のオカルトちっくな話とかも、かなり印象に残っております。
幼少のころに見た、すこし不思議なお話って、トラウマ的発想もあってか、今大人になってから見てもドキドキしちゃうことってないですかね?そういうかんじです。
この『わらべ歌の秘宝』もそんなかんじ。
観ながらドキドキしてます。
特に、その話を印象付けるセリフや音楽が流れると、ぶわ!っと鳥肌がたつような間隔を覚えるというか。
カタルシスを感じるときと似た感覚です。
ぶわ!っと!キタぞ!ココ!と!そんなかんじ。

小さい頃はホントにTVアニメが好きだったんだなぁーって実感です。
あ、もちろん今でも大好きですよ!
最近のアニメは観ませんが、やっぱりハマれば観てしまうんだと思います。

『チンプイ』を通して、昔をいろいろと思い出すいい機会になりました。

「おまじないよりステキな言葉」=「チンプイ」!
「いいことあるわよ!」

よし!元気出ました!
今日も明日もがんばりましょう!

それにしてもワンダユウさんの「33」の目と長い舌の組み合わせがカワイ過ぎる!!!

TVアニメーション「チンプイ」メモリアルDVD-BOX【期間限定生産】 TVアニメーション「チンプイ」メモリアルDVD-BOX【期間限定生産】
堀絢子;林原めぐみ;八奈見乗児;佐々木望;梨羽由記子 (2007/12/07)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

気になる指の先。

Category : 熱心に語る風景
人間だれしも、癖があると思う。

いつの間にか自分だけの習慣が確立していたりする。

他の人にとっては見てられなかったり、止めに入りたくなったりと、理解できなぃ行動だけど、自分だけは理解できたりする癖。

何がおもしろぃというわけじゃなぃけど、やりたくなってしまった、といぅか無意識のうちにやっていた、という、自分だけの習慣なのである。

基本的に、おかしな癖は印象が悪いから辞めた方がいいに決まっているんだけど、やめられなぃのが『癖』だから困ったもんだ!

ジョジョという漫画で『恐怖のサイン』、すなわち、その人が恐怖に陥ってしまったときに、ついついしてしまぅ癖について扱っていたが、なるほど、個人個人には、やはりいろいろな癖があるのだろぅと思う。

隠していたって、癖はあるんだと思う。

例えばつめを噛む方がいたりする。
よくドラマとかで表現の例にあったりする。

うちにその癖はないけれど、確かにつめは痛くないし噛みやすいし、ちょっと楽しいのかもしれなぃなぁ。
いや、すみません、私にはその癖がなぃので、勝手に発言しているだけです!

友達とかにいますので、どんなかんじ?と聞いてみたぃけど、人に癖を指摘されたりすると恥ずかしかったりするだろぅから、なかなか聞けません(;^_^A
いや、聞くこと自体、おかしぃけど。

とある友達が、つめを噛む人は寂しい人なんだよ~とか言ってたが、癖とかって精神とかに影響してんのかしら。

ってことで、では私の癖は何か?と問われると、やっぱりつめ関係だったりする。
あ、別に聞いてないでしょーけど(^o^;

先程、つめを噛むのは楽しいのかも~なんて書いたけれど、もし噛む癖が私についたとしたら、今から述べる私の癖と相反してしまぅので、私は絶対噛まないだろぅな、と思った。

ということで、今日はふと気になってしまった自分の癖について語ってみる。

興味なんか微塵もわかないかと思われますが、まぁよろしければ☆

我が家の人は基本的に長いつめをしている。
細く長く四角いつめだ。

今後、顔や体系に問題があっても、つめだけは良いカタチをしていると思う。
つめだけは他の人にも好評だ!って話。

例え指は太くても、つめだけは付け爪なんていらない!ってことである。
(そこしか望みがなぃのは問題だけど)

だから私もつめが大好きだ!

このつめが大好き!っていぅのは癖の話というより、フェチみたぃな話になってくるな。(^^ゞ

ちなみにうちのつめは、親指から中指までが、よくある先端が楕円のカタチをしているが、薬指と小指は四角形になっていて、他の三本のつめとは微妙に異なる。

楕円が好きか四角が好きかってのは、人それぞれだけど、やはりマイナーよりメジャーな楕円が好きだね。

そして私の、人には理解してもらえないだろう癖といぅのが、自分の長く伸びた白いつめを光に当てて眺めまくるのだ。

はぁ?といぅかんじだが、ホントに眺めしまぅのだ。
そして、つめが気になってしまぅのだ。

ふと気付けば眺めてしまぅ。
見上げてしまぅ。

つめは細胞の死体だったり、つめの垢だったり、何かと嫌悪されるので、長く伸ばすのは、あんまりいい印象じゃない。

うちも実際、キレイにつめヤスリで整えてあるからといって長すぎるつめはいただけない。
伸ばし過ぎるのは、折れそうで恐いからできなぃし。

なので、私が眺めるのにちょうどいい長さはたいして長くはなぃんだが、ある程度まで伸びたら、もぅ気になって気になってしょぅがなぃ。

ずーっと見てしまぅのだ。

つめを光にあてて、ずーっと。

だから、ホントは切りたくはなぃけど、いつも眺めることに夢中になってしまぅので、やば!と思ったら切ることにしている。

あ!しまった!また気になる!もぅ限界だ!切らなくては!と、自分の癖に歯止めをかけるのだ。

これが、私のつめが伸びたときに起こる現象なのだ。

これが私の気付けばやっている行為。
やっている私自身はちっとも不快感はなく、すんなりと受け入れて、たまらなくやっているのだった。

癖はいろんな癖があると思う。
貧乏揺すりとか頭をかくとか、唇を濡らすとか。
人それぞれ、観察してみれば、その人の特徴のよぅに、いろいろな癖があるのだろぅ。
癖はやっぱり直した方がいいとは思うが、特徴でもあるわけだ。


うーん、私は自分のつめに酔った結果、こんな癖が生まれちゃったんだろぅなぁ~。

なんとも不思議なかんじ。
というか、ちょっと我ながら嫌なかんじもしてきた。


ネイルアートとかにも興味がある。
まぁお金がなぃので、つけたりはしたことはなぃのだが。
ネイルアートをしたときは、どんなかんじに夢中になる自分がいるのかなぁ~なんて疑問に思ったり。
お花とかつけたりすると撫でたら痛くて、そのまま辞められたりしなぃかなぁ~なんて!(笑)

以上、たぃして語るよぅな話じゃないけど、こうして文にすることによって自分がどんだけつめに執着しているのかが、よくわかりました。

すみません、ありがとぅござぃます!

気にならなぃよぅに、なりたぃなぁ~!

「気になる」ってことは何か、不安なんでしょーか!?
ちきしょ~!(^o^;

まぁまぁ、これからもゆっくり付き合っていこぅと思います。
そして、意識して直していこうと思います。
うん。
やっぱ、癖はない方がいいね!








その後、飲食店に勤務する機会があり、長く伸ばすことに抵抗を感じ、爪を眺めることはなくなっています。


海はみんなのものであるわけだ。

Category : 熱心に語る風景
kimono06.jpg



はてさて「タマ」って知っておりますでしょうか?

「タマ」と聞いたら、野球のボール以外ならば、タマちゃんってイメージでしょうか。
過去に話題になった「タマちゃん」や、ネコやらちびまるこちゃんやらで聞く「タマちゃん」など、話題は豊富です。

そんな中、私はタマと聞くと貝を連想したりします。

幼きころから、海岸に行って、磯遊びをすれば、タマをゲットしてきました!

アサリ取りに行って、全く取れないトキは、ふてくされつつ磯に行って、石をひっくり返してはタマ取りをしておりました。

このタマちゃん。
なんてことない小さな貝ではありますが、おうちに持ち帰ってタマちゃんを茹でれば、味はサザエの何倍にも劣るかもしれませんが、題して『春の味』!と言った珍味であります。

用事や針でくいくい♪と貝をひっばり出して、醤油に付けて食べる!

酒と醤油を入れて、電子レンジでチン♪としても、絶品でござりまする。

ちなみに味は、ちょいと苦味があります。

これを醤油でかき消しているのであります。



と、ここで、今までずーっと「タマ」「タマ」読んでたんですけど、さっきネット検索してみれば、本当は「タマキビガイ」と言うみたいです。




タマキビガイ
〔分類〕 タマキビガイ科
〔学名〕 Littorina brevicula
〔体長〕 殻高 1cm
〔分布〕 北海道以南、朝鮮半島、中国沿岸
〔生息域〕 潮間帯の岩場(飛沫帯)




そんなタマキビガイ!

昔からの我が家の海の収穫!春の味!!なんですが、昨今、サザエやアワビを勝手に採っていって、漁師の皆様が困る!ということが騒がれ続けておりました。
それを受けて、今は、海のモノを採ると、罰金5万円!!ということになったわけです。

TVのワイドショーとかでも、もぐってアワビを勝手に取っている人を問い詰めて、追い詰めていました。


そうか…!
もぅ海のものは採ってはいけないのか!!!という情報が流れました。

長年、海が近いものとして、タマ…は昔から採っていたものだったのになぁーーーと。

そんな海の食材とお別れし、月日は流れました。






が、、、、!

なんと、このタマキビガイ!!

つい先週、同時に二人の人から情報を得ました!!!

「ホンダマは採ってはダメだけど、アオダマはイイみたいだよ!!」

何ぃーー!!?

漁業組合から聞いたハナシなので、確実!ということでした!


このタマ。

一見すると、ヤドカリと間違える以外は、まったく変わらないような気がしますが、実は貝のふたになる部分が、硬く石のようになっているモノと、黒いセロファンのようになっている2バージョンがあるのです!!

ぎゃぎゃーん!!!(笑)

黒いセロファンが、ホンダマ。

硬い石がアオダマ、と呼ばれています。

正式名称なのかは、よくわかりまぬ。

現代の用語辞典、インターネットの世界では、そのようなハナシは載っておらず、公式語なのかは、私はワカラナイです。

そんな2バージョンのタマキビ。

どうやら、ホンダマは、お店に並ぶようです。
アオダマは磯でとれる貝で、そんなに大きいのはないらしいですが、ホンダマは、深いトコロにもいて、大きくなるみたいです。

お店屋さんには、ホンダマの大きいのが売ってるみたいですね。

実際、アオダマより、ホンダマの方はおいしぃです。
苦味も少なく、おいしぃです。

ということで、商品対象外のアオダマくんは、無事、磯で採れる食材!として、食卓の春の顔になりうるわけです!

やった!

磯にはアオダマがほとんどなので、まぁ、ホンダマが採れなくてもしょうがないナ!と諦めがついたのでした。

ホンダマは、漁師さんたちに深いトコロで大きなヤツを採ってもらって、お金を払って食べることにしましょう!


でも、よかった!

昔からのタマを、またこうして採って食べることができた!

嬉しい!!!



ちなみに、ネットでタマキビガイを検索したトコロ…。


「食用ではない」と書かれていた…。




あぁ、うちら食ってるよ………!!!

「おもしろい」ということ。

Category : 熱心に語る風景
「おもしろい」ということは、なんだろう。

いや、おもしろい!というのは、書いてて当たり前なんだけど、「楽しい」とか「笑っちゃう」とか、そういうことなんだろうけども。

とりあえず、ヤフーの辞書で検索をかけてみる。



おも‐しろ・い【面白い】

元は、目の前が明るくなる感じをいった語からくるらしぃ。

意味

1 興味をそそられて、心が引かれるさま。興味深い。
2 つい笑いたくなるさま。こっけいだ。
3 心が晴れ晴れするさま。快く楽しい。
4 一風変わっている。普通と違っていてめずらしい。
5 (多く、打消しの語を伴って用いる)思ったとおりである。好ましい。「結果が―・くない」
6 風流だ。趣が深い。




なるほど!
勉強になった!

うちは、おもしろいことが好きです!
まぁ、おもしろいことがキライな人なんて、ほとんどいないんじゃないかな。

そんな私だが、まわりから「おもしろい」と言われる☆
これは、まことに嬉しい限りで感激だ!
まわりから「おもしろいねぇー」という批評をもらえるのだ!

けれども、まことに興味深いことに、実際は自分のどのへんがおもしろいのか、はっきりわからなかったりする。

いやぁ、全くおもしろいもんだ!

「おもしろいよねぇー」と、決して、皮肉として言われてるわけではなく、笑顔で言われるわけであるから、良い意味として受け取っていいわけだ。

でも、私は、なにか「おもしろい」特技を持っているわけではない。
「おもしろい」容姿をしているわけではない。
ましてや、おもしろいことを言えるわけでもないのだ。

ちょっと考えてみると、自分の人間関係におけるポジションは、テンション上げ役で、いじられ役であり、ボケ役であり、ツッコミもする!みたいなことをするので、そういう印象が「おもしろい」と思われるのかなーなんて考える。

性格的におもしろい!
そういう性格、動作、行動なのだ。

でも、所詮はテンションだけでもっている「おもしろさ」なのだ。

先ほども言ったように、おもしろいことができる、しゃべれる…とは違う、「ノリ」のおもしろさなのだろうと思う。
高校から、専門学校行ってみりゃ、うちよりいっぱい「おもしろい」人だらけで、「おもしろい人」はもっともっといっぱいいる!なぁーと思う経験をした。

だから、うちは実際、ふつーの人だなぁ…と思った。
おもしろいことなんか、できないなぁと確信してしまった。


でも、やっぱり、生きてる上での基本であり、自分のセールスポイントだと思われるものは「おもしろい」ということだと信じているので、もっとおもしろさ!を追求していくべきなのかとも思う。
おもしろいことが決してできなくても、おもしろさを求めるべきなのかも。

天然のおもしろさと、技術のおもしろさは、あまりにも違う。

うちは、性格的におもしろいだけであって、それは一対一の人間関係で成立はするけれど、全ての対象に成立するおもしろさではないのだ。

「おもしろい」ということ、「おもしろい人」、「おもしろさ」をもっと追求して、「おもしろい」人間になりたい!!!

だが、おもしろくなり過ぎて、おもしろい人=オカシィ人にはなりたくはないなぁ……(汗;)


そんなこんなで、トモダチが「おもしろい人紹介して!」と頼まれ、その結果、おもしろい人…という発想の元に、「私」を紹介してくれました。

果たして、私はおもしろい人なのだろうか…。
「おもしろい人紹介して!」の「おもしろい」に自分は当てはまるのだろうか…。
私は性格的におもしろいことはできても、行動的におもしろいことができるのだろか…そこが疑問であり、難問であり、課題である。


私はおもしろいころが好きだ!
人にも「おもしろい」と言われる。
けれど、実際、表現する上でのおもしろさは、実はこれっぽっちも持ち合わせてはいないのかもしれない。

おもしろいことが好きならば、おもしろさを提供する努力をもっとしていかなければならない…と思った。

おもしろいこと…できるかなーーーー???

いや、できるさ!

さぁ!もっとおもしろい人になろう!

こっけいになろう!!!
心を晴れ晴れさせよう!!
一風変わった人になろう!!

目指せ!変人!!!奇人!!!(笑)
いえー☆

以上、戯言でした。
いらっしゃいませ!

ご訪問ありがとうございます!

プロフィール

なめみこ

Author:なめみこ
おこしいただき、真にありがとうございます!
日々の生活を残そう!と思いましてブログを始めました!

写真を撮るのが好きなんで写真メインに日記を書いております。
記録的な写真だけでなく、これはイイ!と思えるような写真も撮れるようになりたいと思ってます。

何かありましたらコメントお待ちしております!
脊髄反射で返信させていただきます!

プロフィール画像は我が家の犬の睦月です。
海風を感じて気持ちよさそうですなあ。

最近の記事
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
最近のコメント
月刊アーカイブ

2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【2件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【2件】
2010年 02月 【3件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【1件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【1件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【1件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【2件】
2009年 02月 【2件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【3件】
2008年 05月 【2件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【1件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【3件】
2007年 10月 【5件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【4件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【5件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【7件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【2件】
2006年 10月 【6件】
2006年 09月 【8件】
2006年 08月 【6件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【4件】
2006年 04月 【10件】
2006年 03月 【10件】
2006年 02月 【9件】

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
お気に入りブログ&サイト様(順不同)